文紀堂書店 旅の雑誌、風俗のわかる古い雑誌を探しています。 東京都調布市

新しい雑誌も古い雑誌も

新しい雑誌も古い雑誌も

古本屋をはじめた頃は(もう随分昔のことですが・・・)あまり古い雑誌に面白みを感じていませんでした。
でも今は雑誌こそがその時代時代を一番色濃く映し出しているもので、ノスタルジーを掻き立てるものだと感じています。
古本を扱うにあたって、自分が生きてきた時代以外の時代のことを知る必要があるので、自分の知らない時代の雰囲気を知るためには、その時代の雑誌のページをめくることが一番の方法です。

大正期から戦前の雑誌は、新しい時代への理想に満ちた風潮の中で、武井武雄、初山滋、竹久夢二、恩地孝四郎など才能のある画家がたくさん輩出されました。1922年に創刊された『コドモノクニ』は多色印刷を用いた芸術性の高いものが多く、あと数年で100年を経過するものとは思えないほど、純粋な美しさと新鮮さを失っていません。

昭和30年代~40年代の少年雑誌には『少年画報』・『少年マガジン』・『少年サンデー』・『ぼくら』・『冒険王』などがあります。各社競争の激化により豪華なふろく漫画や、ソノシートを付録した雑誌がたくさん生まれました。その他、大人気だった『プロレス』や『ベースボール』などのスポーツ雑誌や『リボン』・『なかよし』・『ひとみ』などの少女雑誌も人気があります。

1950年代~60年代の『ライフ』や『エスクァイア』などの洋書雑誌も広告ページがおしゃれなので非常に人気があります。

雑誌は特に時代の経過に伴い傷んでしまうものが多く、また当時子どもが読んでいた少年少女雑誌は、捨てられてしまっているか状態の悪いものがほとんどです。

※捨てられてしまって今は残っていないモノと懐かく見て楽しめるモノがキーワードです。